神待ちサイトの探し方

女の子と出会いたいなら、一般的な出会い系サイトよりも神待ちサイトのほうが確率が高いといわれます。
神待ちサイトを利用する女性の多くは家出中で食事や宿泊場所にも困っていることから、その状況に助けの手を差し伸べてくれる男性を求めています。
だから、今日の食べるものや寝る場所もない状況から救ってくれるならどんな男性でもOKという気持ちになっており、よほどのことがない限り会うことができるからです。

では、そんな男性にとって嬉しい存在である神待ちサイトはどのようにして見つけることができるのか?
それは、YahooやGoogleといった検索エンジンを利用すれば簡単です。
「神待ちサイト」と入力すればたくさんのサイトがヒットしますから、その中から自分に合いそうなものを選んで登録すればいいだけです。
利用方法も一般の出会い系サイトと同じですから、特に難しくはないはずです。

ただし、神待ちサイトには危険なサイトや悪質なサイトも少なくないので充分な注意が必要です。
むしろ、そのようなサイトのほうが多いといっていいかもしれません。
サイト内をクリックするだけで自動登録されてしまったり、登録していないのに登録料や利用料を請求されたりといったケースは後を絶ちません。
登録料や利用料無料と謳っていても実は有料サイトだったり、別の有料サイトへ自動的に登録されてしまう場合もあります。

そんな事態を避けるためには、キャッシュを使用することをおススメします。
キャッシュはサイトを全部見ることは不可能ですが、そのサイトがどんなところであるか程度の確認はできますから良し悪しの見極めが可能となるでしょう。

プチ家出の流行

昔から、思春期に家出をする少年少女は少なくありませんでした。
彼ら彼女らは、自我の芽生えとともに親や世間に対する言い知れぬ不満から家を飛び出したものです。
しかし、近頃の家出は少々様子が異なっています。
最近は、少女たちの「プチ家出」というものが家を出る主流となっているそうです。
プチ家出とは、家にいても面白くない、勉強しろと親がうるさい、親が自分の言うことを聞いてくれないなどのたわいない理由から、簡単に家を出てしまうというものです。

家にいるよりも外のほうが楽しいからといった理由で家に帰らない女の子も少なくありません。
そして彼女たちは家を出ていてもケータイは肌身離さず持っていますから、親は子どもが家にいなくても連絡を取ることでき安否の確認ができるのでさほど心配していないといいます。
中には、家出中にも関わらず毎日親に電話をしているという女の子もいるそうです。
こうなれば何が家出なのかよくわからなくなりますが、これが最近の家出事情なのです。

そんなプチ家出少女たちが頼りにしているのが、家出サイトです。
家を出てしばらくしてお金が無くなってきたけれどもまだ家には帰りたくない、そんな女の子たちが、食事を奢ってくれたり泊まる場所を提供してくれる男性を探すのが家出サイトなのです。
男性は女の子にそれらを提供する代わりに彼女たちと肉体関係を持つのが望みなのですが、女の子たちはそのことを充分認識したうえで援助を受けています。
プチ家出をする女の子は減る傾向が見られませんし、そんな彼女たちが家出サイトを利用することもなくなっていないのが実情なのです。

神待ち少女の現状

神待ちサイトは一般の出会い系サイトよりも女の子と出会える確率が高いと評判で、多くの男性が利用しています。
また、使い方も普通の出会い系サイトとあまり変わらないので使い勝手も悪くありません。
神待ちサイトの成功率が高い理由には、利用する女性の置かれた状況が大いに影響しています。
というのが、このサイトを使う女性の大半は家出少女、それもお金が無くなって困った状況に陥っています。

だから、泊まる場所や食事を提供してくれるなら「何だってやっちゃう」という思いになっているというわけなのです。
女の子も宿泊場所や食事を提供してくれたお礼としてセックスをすることにほとんど抵抗を持っていないので、誘えば簡単にノッてきます。
最近ではネットカフェやマンガ喫茶など安く一晩を過ごすことのできる場所も多いので、食事を奢ってくれる男性を求めることも多いといいます。

日常では食べることのできないイタリアンやフレンチなど豪勢な食事を男の人に奢ってもらおうという思いなのでしょうか。
とはいえ、ご飯と引き換えに自分の身体を提供するなんてどんな考えをしているのかとちょっと心配になりますが、男性にすれば非常に嬉しいことですよね。
ただし神待ちサイトには悪質なものも少なくないので、利用する際には要注意です。
また中には泊めた翌日には女の子が男性の財布を盗んで消えていたなんてことも報告されています。
さらに家出少女には未成年者が大半なので、その際には青少年育成保護条例に違反することもあり得ます。
神待ちサイトを利用する際には充分に気を付けるようにしましょう。

援助交際よりも家出少女

援助交際よりも男性にとってメリットが多いのは神待ちサイトで家出少女と出会う事です。
ちょうど年齢的にはどちらも女子高生が中心ですから、若い子と出会える事は間違いありません。
そして援助交際では男性が女子高生に食事をおごり、ホテル代を支払い、そして報酬金額を支払っていました。

金額にすると3000円、5000円、1.5000円といったところでしょうか。
合計すると2,3000円程度のお金がかかってしまいます。
バブルで景気のよかった頃ならこれぐらいの金額を捻出するのもそれほど苦労はありませんでした。
しかし今は不景気のどん底にあります。
アベノミクス相場で株価は上がっても市民の生活は負担が増すばかりです。
そんな中でセックスに数万円支払う事は負担が大きいと感じる男性が増えました。

そしてそんな時に神待ちサイトが出現したのです。
神待ちサイトの神様とは家出少女に食事や寝る場所を与えてくれる男性の事ですが、男性からすれば家出少女こそ神様のような存在です。
だってもともと援助交際でも食事やホテル代は支払っていて、そのうえで報酬金額がかかったのです。
同じ事をしているのに、報酬金額がかからない家出少女とセックスをするのは援助交際の半額以下のお金ですみます。
節約効果もばっちりです。
さらに言えば援助交際と比べて相手を探しやすい状況だと言えるでしょう。
なぜかというと、タイムリミットが存在するからです。今夜の相手を探さなければいけないので多少条件が悪くても飲むしかないのです。
援助交際は別に今日中である必要性は全くないので条件のいい相手をえり好み出来ます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.